×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

悠久の自然8

悠久の自然8



悠久の自然8



正しい考え方。
「始めに光ありき」という言葉があるが、私は別に宗教を言うのではない。
植物生理の基本はあくまで光合成にあるのである。
植物が水と炭酸ガスを吸収し、太陽光線のエネルギーをかりてブドウ糖を作る。
これを、 「炭素同化作用』または「炭酸同化作用」と呼び、光合成の第1段階である。
こうして出来たブドウ糖に、根から吸収された窒素が加わり、核酸や蛋自質を作るのである。
これを 「窒素同化作用」と呼び、光合成の第2段階である。
この2つを合わせたものが、本当の光合成なのである。
こう考えると、窒素が幾ら吸収されても.前段階の「炭酸同化作用」が行なわれていなけれぱ、窒素は吸収されても、意味はないのである。
落葉する雑木などは、芽の出る前に幾ら肥料をやっても、葉がないから、「炭酸同化作用」は行なわれず、ブドウ轄は出来ない。
この状態で肥料をやっても、それは意蛛がないから、 「芽出し肥え」という喬葉は適当ではないのである。
これこそ我々が、枝枯れ病を考えるとき、まず念頭に置かなけれぱならない第1の問題でおる。
始めに述べたように、①の綱菌も②の蘭類も植物である。
そして、植物の「栄養は蜜素」である。
植物が病気などで弱っているときは、葉が作用する「炭酸同化作用」は旺盛ではない。
つまリブドウ糖の生成は少ないのである。
このような状態のときに肥料を多く施すと、吸収された窒素は「窒素同化作用」が充分に行なわれないから、※「生」のまま、枝葉のなかに存在することになる。
(注※ ここで「生」と述べたのは、無機の形で吸収された窒素が、本来なら同化されて有機になるのだが、同化されずに無機のまま存在するこ.とをいう。
)。

お好み
TOPへ > 戻る