×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

同じ種同じ社会的な単位に属するペットの間では六ヵ月未満の子ペットは絶対に侵すべからざる存在だ。
屈従の動作仰向けになったり放尿したりするのは明らかに年長のペットに対して自分が子ペットであることを知らせるための出会いの最初の瞬間にのみ必要とされる。
観察や実験をして居なかったので成熟したペットが幼い者の弱さをこのメカニズムのみによって認知するのかどうかあるいは子ペットの匂いかその幼気な年齢を知らせるうえで役にたっているのかどうかについては確かなことは言えない。
年長のペットと年少のペットの体の大きさの関係はこの認識には何の役割も演じていないのは確かである。
意地の悪いテリヤは二倍ほど体が大きくてもセントバーナードの子ペットを頼りない赤ん坊のようにあしらう。
逆に体の大きい品種のオスのペットは縦しんば人間の見地からすれば最も騎土道に悖るものとみえようとも体の小さい品種の大人のペットと戦う事を躊躇ったりはしない。
セントバーナードやニューファウンドランドグレートデンなどが時に行なうと言われる小さいペットにたいしての騎士道にかなった振る舞いを全く否定するものではないが私としては私のペットとの広い付き合いの範囲でそうした高潔な動物と出会ったことは決して無いのだ。
非常に愉快で感動的ですらある光景が演じられるのは自信満々の威厳あるオスのペットを一腹の子ペットの群れのなかに「遊ばせる」ために無慈悲にも放り込んだときである。
私の年老いたペットはこの実験にまさに打って付けだった。
オスのペットは非常に生真面目で些かもふざけたりしなかった。
そんなわけでオスのペットの二ヵ月になる子どもたちと乳兄弟をテラスに強いて訪問させられるとひどく困惑した。
五ヵ月を過ぎた子ペットは年長のペットの学者ぶった威厳になにほどかの敬意を表するがもっと幼い子ペットにあってはそうした感情など全然ない。
子どもたちは父親に圧し掛かりその足に針のように鋭い冷酷な小さい歯で噛みつく。
事ここに至ってあたかも何か熱いものを踏んづけたかのように気をつけて足を交互に持ち上げる始末となる。
哀れな殉教者は唸り声を発することができずいわんややっかいな子孫を罰するなど思いもよらない。
暫くして不満たらたらのペットはどうにかいやいやながら子どもたちの遊びにつきあってやることになるかオスのペットらが小さいうちはけっして自分からテラスに顔を出そうとはしなかったものだ。
攻撃してくるメスのペットのお相手をするオスのペットも何方かというと似たような状況に嵌まり込む。
噛みついたり唸ったりすることが禁物であるのも同じだが攻撃的な雌に雄が近づく動機は先の場合と比較にならぬほど強くそして男としての威厳と攻撃者の鋭い歯への恐れおよびオスのペットの性的な衝動をめぐる葛藤はしばしば人間に関する謳刺にみえる行動のタイプを取らせる。
それは主としてすでに述べた「儀礼的な行動」における遊び的な部分で大人のオスのペットを酷く無様にしてしまうのである。
若い時から遊び好きの性質を育んできたこの毛むくじゃらの旦那が前足で足踏みしたり前後に飛び上がったりして恋の告白をするときには擬人化することを好まぬ観察者ですらこのような対照を試みざるをえない。
この仕草はオスのペットがどんな事でも我慢しなければならないことを知っていてさらに尊大にあしらうメスのペットの行動によって一層掻き立てられる。
私がかつてペットを連れて灰色のオオカミの檻を訪れたときこの行動の好個の例を目にした事がある。
この出会いについては後に詳しく書くことになろう。
程なくオオカミは遊びに私を誘った。
得意になった私はそれを受け入れた。
しかし私がペットよりもオオカミに気を取られているので気分を害して突然私と遊んでいる相棒を攻撃した。
ところで大型ペットの雌はオスのペットを懲らしめたいとき特別耳触りに喧しく吠え立てるし特殊な噛みつき方をするのである。
戦うオスのペットのように激しく深く噛むわけではなく明らかに皮膚の表面に歯を立てるだけだがそれは雄が苦痛に耐えかねて悲鳴を上げる程に力強い。
このオオカミもまた声を上げた。
それと同時にオオカミは尊敬と礼節を示す態度をとって宥めようとした。
当然ながら私は私自身に降り掛かる結果を恐れてオスのペットの騎士道精神に試練を与えたくは無かった。
そこで私は怒っているメスのペットに静まるよう厳しく命令した。
つまり皮肉にも私は気だての良いオオカミを傷付ける事の無いように謎責しなければならなかった。
ほんの十分前には私はこの強い猛獣が襲い掛かった時に大事なペットを救うため檻の外に鉄の棒とバケツの水を二杯用意して置いたのである。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
主人とペット。
人びとは多くのさまざまな動機によってペットを飼うようになるものだが必ずしもその全てが良い動機であるとは限らない。
熱烈に動物を愛する人びとのうち特にペットの愛好者にはつらい経験を味わったために人間を信頼する気持をなくし動物たちに慰めを見出す特別に不幸な部類の人びとがいる。
動物は人間よりも遥かに善良だという誤った考えを耳にするのは悲しくも寂しいことである。
これは全く事実ではない。
確かにペットの忠節は人間の社会的な忠誠心にもこれに匹敵する程のものはそう容易には見つからない。
しかしそれはペットがしばしば道徳的な義務に背く心の迷いを知らないからである。
オスのペットらは高々自分の好みと義務の間の葛藤をほんの僅かだけ知っているに過ぎないのだ。
言葉を変えて言えばペットは哀れむべき我ら人類を罪に導く全ての事に対して無知なのである。
人間の責任という観点からみればもっとも忠実なペットでさえもかなりの程度まで道徳不在だ。
高等動物の社会行動に関する広範な知識は多くの人か考えるように人と動物の違いを過小評価させるものでは無い。
それとは反対に私は動物の行動に本当に通暁している者のみが生き物の世界に於いて人間が占めている独白なそして高貴な位置を正当に評価しうるのだと主張するものである。
我々の研究方法の非常に多くの部分を占めている人間と動物の科学的な比較は種の起源を承認すること以上に人間の尊厳を低からしめることを意味している訳ではない。
創造的な生物進化の本質はそれがそこに起源をもつ先行する段階においてはあらゆる点で明示されず暗示すらされないのに完全に新しい高度の形質を作り出すことである。
もちろん今日においても動物は以前人間のなかに存在しているか人間は動物そのものではない。
必然的に最低の段階つまり動物から進められてきた我々の系統の探究は動物の世界には決して存在しない本質的に人間的なもの人間の理性と倫理の高度な達成をはっきりと浮き彫りにして見せてくれる。

[戻る]