×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


雪やこんこんの彫刻研究 ストーンカービング

自然石灯篭

界中の石像集まれ!西洋では石灰岩、日本では花崗岩。
ちょっと大きい石カエルやイヌなら、玄関や庭先に1体置くだけでも演出できるのですが。


自然石灯篭

これが置ける庭が
よく知られているように、油絵から芸術活動をスタートし、版画ではベネチア・ビエンナーレ展の大賞を受賞し、版画家としての地位を確立したが、後年は作陶も手がけて風化の美を表現して有名になった。
また文学作品としては、『エーゲ海に捧ぐ』で芥用賞作家となり、それを映画化して監督業までこなす多才ぶりであった。
こんな人は何が本職なのか、恐らく自分でも分からなくなってしまうのではないだろうか。
ましてや、どの分野で収入を得ていたかなどということは、他人には皆目見当がつかない。
プロかアマかを区別することはナンセンスな話になってしまう。
こうして考えてみると、プロだアマだと特別に分ける必要はないのかもしれない。
けれどもプロ作家とか業者とかいわれる人達の作品や作風は、明らかに素人のそれとは異なった風格をもっている。
私の技術などでは、はるかに年若い専門家の足元にも及ばない。
やはりプロとアマは違うのである。
その違いはどこからくるのであろうか。
永い間納得のいく答えが得られなかった。

お好み  TOPへ > 戻る