×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


雪やこんこんの彫刻研究 ストーンカービング

耐震墓

界中の石像集まれ!西洋では石灰岩、日本では花崗岩。
ちょっと大きい石カエルやイヌなら、玄関や庭先に1体置くだけでも演出できるのですが。


耐震墓

免震新装置が付いております
ゴンズイの紅葉は派手ではありませんが、黒ずんだ赤色で渋い味わいがあります。
ただし欠点は枝数の少ない性質(羽状複葉の盆樹はほとんど同じ性質を持っている)があるので、その点を考慮して仕立てれぱ、小品から普通ボンサイまで好みの大きさに育てる事ができる樹です。
種木の入手法 現在、ボンサイの素材としてはいずれの所でも販売されていないので、山野から種木を採取する以外にありません。
また、秋になったら山野から種子を採取して、白分で実生するのもよいです。
苗の採取適期は、3月上旬から4月上旬の新芽が伸びはじめる寸前までが理想的です。
その際の注意として、里山に多い木なので、必ず山の持ち主の許可を得ることです。
普通ボンサイに仕立てる場合は、幼苗からでは時間がかかるので、下刈りされている雑木林には株立ちに近い古木がありますから、そのなかから素材に向く樹を選ぷとよいです。
ボンサイに仕立てる場合、この盆樹は枝分かれが極度に少なく、直線的に真っ直ぐに伸びることです。

お好み  TOPへ > 戻る