×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


雪やこんこんの彫刻研究 ストーンカービング

石庭

界中の石像集まれ!西洋では石灰岩、日本では花崗岩。
ちょっと大きい石カエルやイヌなら、玄関や庭先に1体置くだけでも演出できるのですが。


石庭


素材は無限かとか思わ掩る風ど現れて釆る」作品は、石付き、寄せ植え、老の他さまざまなも切が至る所に児られるようにたるが培養,法も研究と経験の集横からボンサイ界に不動の地位を占めたかに思われるまでになったのであった。
しかし、世の申と言うものは、誠に難しいものであり、安泰にも思われた蝦夷松が何と無く求心力を失い初めたのである。
それは経済的な不況も原因としても、あまりにも大最の素材と作品み消化不良の状態となったこど.趣味の世界の一面には稀少価値、と斎うことも見逃すことの出来ぬことで、飽和状態と言う背黛もあつたのである。
それは多くの植物に見られることであるが、八ッ房性が現れて来たのでる。
八ッ房は石化や偶然変異して現れるものであり、どこで発見とも作出とも判然とした記録は残されてない。

お好み  TOPへ > 戻る