×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


雪やこんこんの彫刻研究 ストーンカービング

仁王

界中の石像集まれ!西洋では石灰岩、日本では花崗岩。
ちょっと大きい石カエルやイヌなら、玄関や庭先に1体置くだけでも演出できるのですが。


仁王


蝦夷松の芽は新槽の先端が普通、2-3個着くだけであるが、八ッ房は新芽の葉元にそれぞれ6-7個の芽をもち、それが次の年の枝となるので、挿し木の4-5年生でも石付きの素材として好適であり、幾多の名品も現れた。
千歳丸は世に出るのが一番遅く、昭和30年代であったが、当時は挿し木の方法も安定し、普及は速やかであったが、この種は八ッ房でも最優秀との評価もあり、入気は特別なもので、投機的な面も見られるほどであった。
いずれの世界でもそうであるように需要と供給の原則は厳然たるものであり、各地各所で数知れぬほどの素材が現れて来ると魅力は急速に失われ、20余年を経た現在では過去の物語の一頁となって終わったのである。
その後に出現した五葉松八ッ房もそうであったように人気物の末路は、実に惨傍たるもので五葉松も瑞祥なるが故に冷遇される面が多く、蝦菟松にあっても温かな目で迎える者は皆無と言ってもよいのが現状と三目ったところである。

お好み  TOPへ > 戻る