×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


雪やこんこんの彫刻研究

黒人


石なのに
石の色が黒いのです

考える人
戦前には数知れぬほどあった蝦夷松の寄せ植えも大半は戦時中に消失してしまい、現在はまったくその姿を見ることはほとんどない。
その申で当時から、注目されていた名木の数々は辛うじて残され、ボンサイ界の一角に貴重な存在として残されている。
入間社会でも見られるように優秀な後継者が次々と現れることによって次代の繁栄も約束されるものであるが、原則と言うものはいずれの世界にあっても変わることはないと思われる。
ボンサイはその根本は『稚』の道であり、別の言葉で言えぱ趣味の世界であるが、今日の世状は流通面が主導性をもち、それに乗11遅れたものはしばらくの間、沈黙の他はない。
ボンサイの世界にもそのような物はかなり多い.その結果はこの世界の沈滞を招く遠因でもある。
ボンサイは実用品ではなく微妙に揺れ動く人々の心の動向にようって方向の変わるものである、これに携わる人々の苦心も容易ではない。

お好み  TOPへ > 戻る