×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


雪やこんこんの彫刻研究

ねこ


石なのに
一寸上目使い

子猫ちゃん
幹肌 老大樹の趣を表出するためには、さらに幹肌が古びて荒れがくるほどよいといえます。
また、樹齢が加わることによって、肌の色艶が出てくるものは美しく、サルスベリ、ブナ、ヒメシャラ、カリン、ソロなどが挙げられます。
そのほか特殊な幹肌のものに、「荒皮性」「錦性」「いぼ幹」などがあります。
丸幹 幹は基本的には傷のない丸幹が良いとされています。
したがって、針金が幹肌に深く食い込んだ跡がはっきり残っているものなどはよくありません。

お好み  TOPへ > 戻る