×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


雪やこんこんの彫刻研究 ストーンカービング

仲良し

界中の石像集まれ!西洋では石灰岩、日本では花崗岩。
ちょっと大きい石カエルやイヌなら、玄関や庭先に1体置くだけでも演出できるのですが。


仲良し


生育開始温度、 7-15℃この温度になると、ほとんどの植物が生育を開始する。
落葉樹で、まだ葉を出さないものも、盛んに水は上げるようになる。
常緑樹は水上げとともに、かなりの光合成を行なうようになる。
生育快適温度、 15-27℃。
多くの温帯植物が、最も生育に適する温度である。
多くは、この下限である15℃で水上げを盛んに行なうようになり、上限に近づくに従い光合成は多く行なう。
回生育限界温度 27-33℃。
この温度に達すると、多くの温帯植物は、生きてはいても、光合成は伺の生育快適温度のときよりも弱まり、光合成の量と呼吸によ一ってそれを消費する量とが逆転するなど、生育には好ましくない現象が生まれる。
「山毛欅(ブナ)」や「ヒメシャラ」などでは、葉やけを起こし、生存の限界を感じるものもあるが、この温度を越えても(太ることができないだけで)、平然と生きているものであり、この限界温度には、かなりのパラツキがある。

お好み  TOPへ > 戻る