×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


雪やこんこんの彫刻研究 ストーンカービング

仲良し

界中の石像集まれ!西洋では石灰岩、日本では花崗岩。
ちょっと大きい石カエルやイヌなら、玄関や庭先に1体置くだけでも演出できるのですが。


仲良し


今年の経験からみると、4月25日から5月20日は、樹木の部位を問わず剥皮が容易だったが、5月下旬には、1本の樹でも枝によって僅かに剥皮の容易でないものが現れ始め、6月3日になったら、大半の樹で枝先の方は剥皮が困難になった。
しかし、幹については、6月下旬なお剥皮が容易であった。
剥皮を終えで、 6月に入って、一部剥皮が困難な部分もあったが、一応(毎日ではないが)5~6月の2か月間にわたって作業をした。
こうした作業は、10年以上前から行なっているから、改めて所見をまとめてみる。
杜松、真柏は、最終的に神・舎利を作るか、それが主要な鑑賞の対象となる盆樹である。
杜松、真柏に限らず、だいたいヒノキ科の盆樹は、たとえば用材にして、育った年数だけ丈夫になる性質を持つという。
山採りの杜松、真柏は、非常に長い年月をかけて育ったものであるから問題ないが、挿し木繁殖して育てたものは、このことを念頭におく必要がある。

お好み  TOPへ > 戻る