×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


ペットの犬で彫刻研究

イヌ


石なのに
可愛いイヌが沢山居ます

題材になりやすいのかな
剪定の実際の要領をまとめてみましょう。
・基本剪定……枝作りの基本は二又二又に作ることです。
まず不要な胴吹き芽を元から掻き取ります。
良い位置に出た芽はもちろん残してください。
つぎに、徒長したところを一廻り小さく切り込むわけですが、全体を見て流れの方向を確認することが大切です。
そして、枝分かれを二、又二又に作るという基本にそって、まず三又を切り、流れにそわせるように枝抜きします。
頂部の樹勢が強いということは、雑木もまた例外ではありません。
丹精しているつもりでも、葉が落ちて枝の様子があらわになると、意外なほど芯がゴチャゴチャした感じになっているものです。
芯のコケ順がゴツくなってしまった場合、素直な枝を選んで、新しく芯に立て替えなけれぱなりません。
枝順については、下枝はとくに枝.・蔵謹瀞る程度とる必要があーす。
こうしないと、老木の相が表現できないのです。

お好み  TOPへ > 戻る