×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


ペットの犬で彫刻研究



西洋では石灰岩、日本では花崗岩。
宝石に成り損ねたのは砥石にと石なのにいろいろと使い分けられています。
砥石に使用される砥材は、ダイヤモンドを除いて、殆どが人造品です。
ルビー、サファイヤの鉱物名は、コランダム。酸化アルミニュウムを主成分とした結晶で、不純物の種類や量で色が違います。


犬が可愛く

机の上に置きたい
枝が集中しているところは枝数を整理してください。
なお、下枝をもう少し伸ばしたい時には、その春の芽摘みを行う必要はありません。
なお、若木の場合には、多少の不要枝は残しておいた方がよく、樹勢が平均化しますし、幹も肥大しますから、普通はいわゆる忌枝をはずす程度にとどめます。
もちろん、不要枝をあまり太らせてから切ると幹に傷を残すことになりませすから、適当な時期を選ぶことが大切なポイントです。
・追い込み……節間を間伸びさせてしまった場合は、その手前の芽で切りつめるのが一般的ですが、その芽が小さいと、枝のコケ順が極端に細くなってしまいかねません。
このような時は、思いきって元から切るのも一法です。
・太枝の切り方と処置……太枝を元一から切った場合は、彫刻刀で少しえぐるように削りなおし、癒合剤を塗って傑護します。
また、きれいに肉巻きさせるため、肥培は慎しみましょう。
樹勢が強いと、醜い跡が残る。

お好み  TOPへ > 戻る