×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


ペットの犬で彫刻研究




石なのに
犬が可愛く

机の上に置きたい
芽摘みの方法、 芽摘みは、枝の節間の間伸びを防ぎ、枝岐かれを柔らかにする効用があります。
雑木ボンサイ作りには欠かすことのできない作業です。
もちろん、樹勢の強弱のバランスなどを考慮して行う必要があります。
樹勢の強い芯や枝先の芽は大きく、下枝やふところの芽は小さいものですから、芽の大きさを目安に摘む程度も変えなければなりません。
基本的には、モミジの場合、新芽かふくらんで開きかけた頃、ピンセットで開いて、中に用意された芽を摘み取ってしまいます。
こうすると、第1節めの軸の伸びが止められますので、間伸びを防くことができます。
カエデや八ツ房モミジの場合は、新芽が伸ひた頃に1節だけを残して摘んでしまいます。

お好み  TOPへ > 戻る