×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


ペットの犬で彫刻研究

ふくろう


石なのに
岩上ではばたく

これも、幸せを呼ぶふくろう
厨の鮮やな紅葉や黄葉を賞する慣習は"もみじ刈りψなどに代表されるように、やはり古くから日本人に深く親しまれてきました。
今日でも紅葉の季節には多くの入々が山へその美しさを賞でに出かけています。
窮定の前に知っておくこと ここでは初心の方のために、雑木ボンサイひいては紅葉を楽しむボンサイの剪定に関して、あらかじめ知っておくべきことをまとめてみます。
枝の性質を知る必要性、 雑木類にかぎらず、樹木は春になれば新しい芽が伸び、年々少しずつ生長していきます。
ですからボンサイ素材を前にしてその枝ぶりを充分に観 察することはもちろん、今後どんな枝ぶりに生長していくかを予測し、そのうえで」1年後2年後にはどんな樹姿にしようかという想像をすることが大切です。
つまり、ある枝を切った場合、その枝のどのあたワからどんな枝が出てくるかという樹木の芽の性質を知ったうえで、将来を見通すことが必要になります。
あらかじめ参考図書で、各盆樹の芽の伸び方を知ることも大切ですし、ふだんから心がけてその芽の伸び方を観察していれば、こうした将来を見通す力は白然に身についてくるものです。

お好み  TOPへ > 戻る