×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


ペットの犬で彫刻研究

ふくろう


石なのに
祠の中にもみみずくのような鋭い目

これも、幸せを呼ぶふくろうが
切った枝はなくなる" 当り前のことですが、剪定によって切り落とした枝はなくなるということを念頭において、つねに慎重にハサミを使うようにします。
一般的に枝振りを決め、残すべき枝を決定するには、立ち上がりからの一の枝、二の枝というように幹の下方から決めていきますが、あらかじめ、不要と恩われる枝を切った後の樹姿を想像しながら」、上部の残すべき枝までを決めることが大切です。
よくあることですが、一の枝と二の枝だけのバランスを考えて、その近くの枝を簡単に切除しまったところ、三の枝、四の枝が適切なところに出ていなかったために"シマッタ!"と後悔する場合が意外に多いものです。

お好み  TOPへ > 戻る