×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


ペットの犬で彫刻研究

フクロウ


石なのに
机の上にも

幸せを呼ぶ、いろいろ
秋、10~11月頃になると、野山の木々は紅か黄色に色づき始めます。
同じように、ボンサイに仕立てているモミジ・カエデ類、ニシキギ、ハゼノキ、ナツズタなども美しく紅(黄)葉し始め、これら雑木ボンサイにとっては、鑑賞するのに最も適した時期になります。
それではなぜ、これらの盆樹が美しく紅(黄)葉して、やがて落葉してしまうのでしょうか。
ここでは、こうした、紅(黄)葉や落葉のしくみについて説明することにいたします。
紅(黄)葉する盆樹。
紅葉する美しい盆樹の代表としては、ヤマモミジなどのカエデ科の植物が挙げられますが、その他、ツツジ科、ウルシ科、ニシキギ科、バラ科、ブドウ科などの植物もよく紅葉します。

お好み  TOPへ > 戻る