×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]


ペットの犬で彫刻研究 ストーンカービング

手水

界中の石像集まれ!西洋では石灰岩、日本では花崗岩。
ちょっと大きい石カエルやイヌなら、玄関や庭先に1体置くだけでも演出できるのですが。


手水

これが置ける庭が
カロチノイドという名称は、ニンジンの根に含まれている橙黄色の色素であるカロチンに基づくもので、黄色い花に含まれているキサントフィル類などがこの色素群になります。
これらのカロチノイドは、葉緑素と共に、葉緑体に元来一緒に含まれているもので、活力のある葉においてほ、葉緑素とカロチノイドσ峯酪比率は、およそ8対1であるとされています。
したがって、春から夏にかけての活力のある葉では、葉緑素の緑の也が表面に強く現われているため、カロチノイドの黄色は、表面上目だちません。
しかし、すでに説明したように、秋になって、葉の機能が衰えてくると、葉緑素が分解して、その垂が減少し、それまで目立たなかったカロチノイドの黄色が表面化することによって黄葉現象が起こります。
ですから、紅葉現象において、アントシアンという紅い色素があらたに形成されるのとは違って、黄葉現集においては、もともと葉緑体に存在していた色素が表面化することによって起こることが分かります。
そして、葉緑体に含まれるカロチ ノイドと葉緑素の比率は、ほとんど の盆樹で同じであるとされていますので、比較的糖分が少なくてアントシアンの錐成が少ないときには、紅 葉とも、黄葉ともいえるような、紅 と戴色の中鯏的な色あいになること もあるわけです。

お好み  TOPへ > 戻る