×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ >  [戻る]


ペットの犬は

地域おこし
ペット関連商戦
ペット関連商戦
ペット落ち着く消臭剤 スプレー式、北見工大教授が開発 地元産のハッカ油使用というニュースがありました。

スプレーは猫用の「キャット」と犬用の「ワンタ」、室内用の「クリアリークミント」の三種類で、いずれも地元産のハッカ油が主原料。

 ペット用二種類は、猫が好んで食べるハーブ「キャットニップ」、犬が好むというオミナエシ科の「キッソウ」のエキスをそれぞれ成分に含み、ペットの鎮静効果があるという。
ペット用トイレなどのほか、生ごみやげた箱の消臭にも有効という。
「クリアリーク-」は肌への安全性に配慮し、低刺激のアルギン酸が豊富な昆布エキスを成分に含んでいる。

今のご時勢、町興しや景気回復のために
特産をペットに結びつけた考え方も一つの商戦となることは間違いないようです。

ペットボトルに入れてもダメですっ!

「いぬ」を冠する樹木の名は、それが付かない本物の樹種に対して、「何かの形」「もしくは用途」などで、それに近い樹種と昔は孝えていたのかも知れない。
(勿論、学聞が進んでいない頃に大まかに見て付けた名であるから、植物学的な関連はある場合と無い揚合があるが、名を付けた当時は何かの関連を考えていたのかも知れない)。
これに対して「にせ」を冠したのは、飽くまで本物に対する「にせ」であるから、本物との関連は無いと名付けた当時考えていたのかも知れない。
しかし、いま植物学的に考えて見ると、こちらの方に、本物と関連があるものが見つかるから、不思議である。

お好み  TOPへ >  戻る