×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ >  [戻る]


ペットの犬は 日本オオカミ


日本オオカミ
推定  体高:55cm 体重:15kg
日本狼の剥製の模写
オオカミの仲間で最も小さいサイズで日本犬の中型位。
犬よりも胸幅が狭く高さが高い。
日本犬より手足が長い。

本州・四国・九州に居た。
生態はほとんど解明されないうちに絶滅してしまった。
夜行性ではなく昼に2~3頭で活動し人里では飼い犬を襲った。
送りオオカミと言われる通り人が縄張りの中に入るとその外に出るまで後を付いて来ることから来ているそうです。
鹿の天敵であったが、今は居ないので鹿は数を増やしている。

オオカミが狂犬病に罹ると人を襲うらしく、そんな場合は人も感染して死ぬ。
狂犬病が無ければ今でも共存できていたと思われます。
1905年が最後でその後は見られません。

私が小さい頃、田舎でおじいさんが 「あそこの家のイヌ、オオカミのアイの子だから近づいたらいかん」 って言ってたから、血が繋がってるイヌがいるのでしょうね。
血統書無しのそのような犬も飼われ続けて欲しいと思うこの頃です。
ザクロが人々から奸まれた要因としては、美事な花を咲かせる事である、その花容にも幅広のものがあり、一重から八重、咲き分け、絞り、牡丹咲きと多彩であり、色彩も、赤、白、ピンクと大小さまざまな変化に富んでいる。
花期は皐月の終わった後の盛夏を迎えるが、見所は花だけでなく、春先の芽立ちの風情は他の樹種に見られぬ、咲く花の色によって異なり赤芽、黄芽、青芽などの変化もあり、一段と光沢と張りのある芽立ちの味は、格別なものである。
中には芽立ちとともに蕾を着ける早咲きのものや、四季咲きとして、晩秋にも花を咲かせるものもあり、花と実成りの面からもきわめて深い味わいをもっている。
花もののさだめとして単弁咲きは、実を結び、八重咲きは実を着けないが、重台(大)石榴のように、花は早咲きの八重だが.偶々一重も咲いて、実を著ける面白いものもある。

お好み  TOPへ >  戻る