×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ >  [戻る]


ペットの犬は フォークランドオオカミ


フォークランドオオカミ
推定  体高:45~55cm 体重:15kg
このような形か
アルゼンチン東方のフォークランド諸島、イギリスとアルゼンチンのフォークランド戦争なら知る人も居る山がちな食料の乏しい島。
オオカミの仲間で最も小さいサイズで日本犬の中型位、日本オオカミと同じ位。
この無人島を訪れたダーウインが観察記録している。
「たくさん生息しており、人を恐れず、上陸した男達を悩ませた。」

ここをイギリスの植民地化・牧場とした時に害獣として全滅させた。

自生地の温度環境 現在のところ、日本の海岸線から高山帯まで、北海道北端から琉球列島南端までの広い範囲の温度の季節変化に関するデータは極めて不足レでいます。

ことに、標高の変化に対応する温度データは極めてすくないのです。

生態学では、植物地理、分布を論ずる場合、温度状態を示すものとして温量指数(暖かさの指数)という一種の積算温度指数が用いられます。

(注)温度指数とは、月平均気温が5℃以上の月について、5℃を超えた分だけを年間合計した値です。

この指数は、日本全国はもちろん外国の温度環境の比較にも便利で、たとえぼハイマツは、千島列島中ほどのシンシル島でほ海岸に、色丹島で標高二0Om、大雪山で一七〇〇m、本州中部山岳地帯では二五〇〇m以上に生育するが、いずれも温量指数15℃付近です。

ハイマツぱかりでなく、温帯は温量指数45~80、暖温帯植物は80ー180、亜熱帯・熱帯植物は180以上と、分布城の温度特性の一端をよく表わすので便利なのです。

寒い所から暑い所まで.低い所から高い所までをひっくるめて温量指験だけで熱帯・亜熱帯林、暖温帯広葉樹林,冷温帯広葉樹林、亜寒帯針素樹林.寒帯(ツンドラ)と植生システムを区分しています。

作用し、さらに局所的な微気象、微地形、共存植物関係によって環境温度条件は変動します。

お好み  TOPへ >  戻る