×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ >  [戻る]


ペットの犬は ダックスフント


ダックスフント
スタンダード・体高:21~27cm 体重:7kg
ミニチュア・大きさ胸囲35cm、体重4.8kg以下
カニヘン・大きさ胸囲30cm以下、体重3.2kg~3.5kg
ダックスフントはアナグマやウサギなどを巣穴へもぐり込んで追い出した猟犬です。
全犬種で一番の短足で胴長な犬です。
短足であるため、散歩の距離は短くてよく、被毛の手入れも簡単です。
愛情深く、遊び好きで、適度な警戒心を持ち番犬としても働きます。
ダックスフントは体格の割に吠え声が大きく、短足の前趾は時に土を掘り、穴を広げるのに役立ちトンネルにもぐり込めます。
我が国では戦前、戦後を通じ何回かのダックスフントブームを経験しています。
ミニチュアタイプはとても人気が出ています。


ミニチュア・ダックス

ミニチュア・ダックス
短毛のスムースヘアードは、一番スタンダードなタイプ。一般的なダックスの毛質です、光沢のある短毛が特徴。
ロングヘアードは、ダックスフントで今一番人気のある種類。柔らかく手触りが気持ちいい艶のある長毛。
剛毛のワイヤーヘアードは、荒い毛質と口髭が特徴。スムースにシュナウザーなどを交配して出来た種。毛色もチョコレートタンやレッドなど20種類以上も存在します。
ダックスフントはダブルコートといわれる被毛で、硬い上毛と柔らかい下毛があります。
ダックスフントは毛は毛玉になったり、絡みついたりすることがないので手入れはしやすいですが、春と秋の換毛期には下毛が抜け替わるので、日頃からブラッシングをしないと、部屋中が毛だらけになります。
生え際のアンダーコートを手入れすると艶の有るオーバーコートがより艶々とします。
個々の植物種の一つ一つについて、詳綱な温度特性が明らかにされていれぱ良いのであるがそのデータは非常に少ないのですが、自生地の温度条件を理解し、栽培の参考とするのであります。

一方において.植物の白生地の条件は必ずしもその植物にとって最適でなく、仕方なく現状で我慢している場合もあります。

最適の場所は他の植物に優占され圧倒されて生育できず、次善の場所、そこもダメならその次の場所というような状況に追い込まれることもあります。

例えば、ハイマツは平均気温12℃が上限であるか、東京のような7月の平均気温25℃となる所でも屋外の日射に耐えて生育します。

陽樹としてのハイマツはその他の樹木が生えない高所に止むなく育っていると見られます。

お好み  TOPへ >  戻る