×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ >  [戻る]


ペットの犬は コーギー


ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
ウェルシュ・コーギー・カーディガン
体高:25~30cm 体重:10kg前後
古くから牧畜犬として牛や羊を追うのにに使われていた、ハーディング・ドッグという種類の犬です。
明るくて愛情表現が豊かというのは、甘え上手で、遊ぶ姿を見ているだけでも楽しいということです。
でも甘え上手なので、おねだりされると、ついおやつを・・・なんてことも。
勇敢で活動的。しかも好奇心も旺盛というのは、牧畜犬として自分より大きな牛や羊にひるむことなく、追って走り回っていたので、勇敢で、足が短い割にとても活発で体力もあります。
足が短いからといってあなどってはいけません。
見かけ以上に運動能力が高く、遊ぶのが大好きなので、犬と一緒に遊びたい人にはたまらない犬です。
社交的で他の人や犬とも仲良くできます。
一緒に暮らすルールを教えれば、それにちゃんと従うということです。
しつけは楽なほうですが、教えなければ勝手に動き回りますから、面倒がらずにやりましょう。
健脚を持ち、活発で力が強く活動的で、いつでも力がみなぎり疲れを知りません。
短い足からは想像もつかないほど速く走り、胴が長いため跳躍力もあります。
このイヌを飼う際は、散歩以外にもかなりの運動をさせる必要があります。

コーギー

コーギー
コーギーは抜け毛が多いです。ダブルコートといわれる被毛で、硬い上毛と柔らかい下毛があります。
コーギーの毛は毛玉になったり、絡みついたりすることがないので手入れはしやすいですが、春と秋の換毛期には毛がたっぷり抜けるので、日頃からブラッシングをしないと、部屋中が毛だらけになります。
毎日掃除するのは主にお母さん、という家庭が多いと思うので、他の家事を協力したり、 抜け毛対策グッズ を利用するなど工夫しましょう。
毛色は、レッド、セーブル、フォーン、ブラック&タンの単色か、これらの色にホワイトの斑が入ったものです。
カーディガンの場合は、頭や顔、首や胸、四肢、尾の先に少しホワイトが入っているのが一般的です。
植木鉢の片手落ち評価 「鉢の中の水と空気」の理論、特に飽和と不飽和、および自由空間率と含水率の項は、今後盆栽用土を考えるうえで大いに評価されるぺきものといえます。

また、鉢の中に滞水層ができることも事実であり、これらのことはだれでも理解しております。

問題は、こつ滞水層の存在がはたして盆栽の生育、特に根の発育に著しい害作用をもつものであるか否かということです。

滞水層つまり完全飽和の状態では空気の存在がなく、根の呼吸に必要な酸素の供総が得られないことを理由に、鉢底にゴロ土を敷くことが好ましくないとしておられます。

そして滞水層のできることに対するデメリットを強調するあまり、そのメリットにふれられていないのは残念です。

合理性の探究 改めて述べるまでもなく、盆栽界では過去長い間、鉢底にゴロ土を敷くことをなかば常識的なこととしここれを実行しております。

そしてその結果として、著しい障害は出ておらず、盆栽も立派に保たれ、若木はよく生長しております。


お好み  TOPへ >  戻る