< TITLE>ペットの犬は キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ペットの犬は キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
興奮性・活動性=高
攻撃性=低
訓練性=高
体高:30cm 体重:5.4~8kg
一時はキング・チャールズ・スパニエルばかりになってしまったようです。
鼻ペチャの中から生まれた先祖帰りの普通の口元をした犬を独立した犬種として育て キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとしました。
温和で朗らか忠実といった性格は同じでも、容貌では勝っているようです。
人を慕い、鳴き散らすことはめったにありません。
子供や老人にも良い相手となります。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

被毛は長く絹糸状で、飾り毛は豊富です。
被毛の色はブラック・アンド・タン、ルビー、ブレナムまたはブレンハイム、トリコロールの4系統で他の色は好まれません。
毎日のブラッシングを必要とします。

冬期は、石灰硫黄合剤20-30倍液を12月上旬.または2月下旬に散布します。

杜松の魅力のひとっである舎利や神は、彫刻後の処理でその後の維持力がちがいます。

彫刻直後ばまず墨を塗って保護し、2-3ケ月以降に石灰硫黄合剤を塗り仕上げるのが通例です。

また.生き幹を舎利にした場合は、卜ップジンMを塗ると相当の効果があることを付け加えておきます。


お好み  TOPへ >  戻る