×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   [戻る]



ペットの犬は アメリカン・コッカー・スパニエル

アメリカン・コッカー・スパニエル
興奮性・活動性=高
攻撃性=中
訓練性=低
体高:36~38cm 体重:11~13kg
ガンドックの仲間、鳥猟犬のなかでは最も小柄で、鳥猟よりもショードックとして発達した。
イングリッシュ・コッカー・スパニエルを祖先としてその違いは、
小柄であり、
頭部は丸く、
鼻は短く、
顎はしゃくれ、
目は大きく、出目、垂れ目、
豊かな被毛となっている。

アメリカン・コッカー・スパニエル

アメリカン・コッカー・スパニエル

ダブルコートの被毛は絹糸のように滑らかで、まっすぐかわずかにカールしています。
首・背中・尻尾は短い毛で、耳・手・腹・足は長い毛で覆われています。
毛を生えたままに延ばすとシーズーのように毛むくじゃらになりますが、
トリミングして整えます。

毛色は黒一色や黒にタン・ポイントのあるもの、
レバー、チョコレート・ブラウンなど、
黒以外の単色または斑点のあるもの、
二色毛でパーティ・カラーと呼ばれるもの、
明るいクリーム色から濃い赤色まででタン・マーキングと呼ばれるものがあります。
他にもかなり細かいルールがあります。
「ポリマー」ということ葉は人工の香りがするけれど、身近なポリマー(合成高分子)はもともと、綿・象牙・皮・麻・紙・ゴム・絹・木・羊毛……など天然の高分子(バイオポリマー)に似た材料をつくろうとする営みから生まれた。

やがて化学者たちは、絶対に破れない被覆材、しわにならない服、こげつかないフライパンなど、天然にはない材料もつくってきた。

ポリマーはふつう炭素原子がずらずらつながった分子で、炭素原子に水素、フッ素、塩素などの原子が生えている。

製品はときにプラスチック、合成繊維などと呼ぶ。

「人類は石・木・鉄鉱石など白然の材料と離婚した」「物質をごった煮し、尿の分子をつなげたくだらない材料をプラスチックなどと呼んでいる」、プラスチックは「生活の香りがなく」「不自然」で「がん細胞のごとく」増殖中だ、と。

ほどなく環境運動家も立ち上がった。

プラスチックは資源の浪費だ、地球を汚す、いつまでも腐らないのは美点どころか欠点である、と。

だが、この展示室をめぐっていただけば、ポリマーはそういうならず者や化け物ではないとわかるだろう。


お好み  TOPへ >  戻る