×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   戻る

絵日記


絵日記のこえ

ペルシャ
本当に驚くほどすんなりと毛が梳けて、しかも櫛の部分にしっかりととどまって、散らばってしまわないので感激しました。
HPの写真のように寝そべってはくれませんでしたがゴロゴロと喉を鳴らしながら、毛を取らせてくれました。
普段は抜けた毛がふわふわと舞って困っていましたが、しっかりと束になって処理も簡単で大助かりでした。

日本にゃんこ
ペット用品受け取りました。
使ってみて、本当に取れた毛がコームの先にかたまっているので、感動しました。
にゃんこもいやがらずにじっとしております。
想像以上でした。

日本にゃんこ
早速我が家の半ノラにゃんこに使ったところ、
ごろごろといい気分になったようで、いつまでも嫌がらずにご機嫌にしておりました。
これからますます抜け毛の増えるシーズンですが快適に過ごせそうです。

針金をかけながら、剪定もする。
この時は.実のつきそうもない弱い枝を元葉から7-8㎝のところで切・っていく。
もちろん、枝わかれを二叉二叉にもっていくのが基本。
針金を枝にかけ終えたら、すぐに枝を下垂させる。
曲げる時には、1か所で曲げず、1本の太い検を3か所くらいにわけて、曲げるといい。
紫式部の枝は、中が空洞でストロー状になっているから、折れやすいために何か所かにわけて、下げるのだ。
また、曲げて下げる時に、葉の裏面が見えるようになっても、心配する必要はない。
無理に葉をひわって表面を見せる必要もない。
裏面のままでも、整姿後2~3Rもすれば、葉が光を求めて、自然に表面が見えるようになる。
いかに植物に光が大切であるかが、よくわかる。

お好み
TOPへ > 戻る