×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   戻る

絵日記


絵日記のこえ

陽好性の樹種なので、外棚上に根伏せ床を置くか、日当たりのよい南向きの屋根下でもかまいません。
遅霜の心配のある地域では、霜の心配がなくなるまで、棚上に塩ビの波板を張り、霜よけしておきます。
落葉するまで外棚上で管理します。
根伏せを行った年は移植せずに、そのまま生育させます。
関東北部以北の寒冷地で、床土が凍る地域では冬囲いしますが、関東以西の平野部では棚下で十分越冬します。
他のボンサイと同じで、培養土が半分ほど乾いたら十分に灌水します。
肥料は 薪梢が伸びはじめてから、できるだけ根作りのために肥培する必要があるので、完熟した有機の固形肥料を、葉が固まる6月中旬まで月に1回ほど与えます。
根伏せをした年は、いっさい枝葉を摘んだり、詰めたりはせず、伸びるにまかせておきます。
移植は来春の植え替え適期に行いますが、その際になって伸びた枝や根を切り詰め、それぞれを仕立て鉢に鉢上げします。
その後は通常の苗と同じ矯正を行って、枝葉を増やしてゆきます。
順調に生育すれば3~4年後には結実を鑑賞できるようになります。
ポイント  根伐せから仕立てるので、根はできるだけ上下の太さが少なく、曲線のある根が最上である。
また古根よりも若い根の方が発芽しやすい。
新梢が伸びている期闘は絶対に切らぬこと。
単鉢に上げる際は榎をほとんど露出させるので、ぐらつかないように、しっかり圃定する。
移植した根伏せ断の下根が少ない場合は、露出させた幹(根)の部分に包帯を巻き付けて湿度を保ってやると、活着しやすい。
一方で、できの悪いこどもほど可愛いというのもある。
できの悪いこどもでも、何くれとなく世話をすれば、いつの日かいいこどもになるかもしれない。
そんな望みを抱きながら、作る。
これが世話のかかる樹種であれば、なおさらその気持ちがつのるものだ。
たとえば、黒松などがそうだ。
芽切りなど、作業をすることが多く、手間をかけなくてはいけない。
だが、同じ松でも五葉松となるとちょっと違ってくる。
黒松に比べ、作業も少ない。
大型の五葉松はそうでもないが、中型や小品は、芽が黒松のように増えてくれないからと、うちすてられることが多い。
特に小品は、枝がのびてくれない、思い通りに芽が揃ってくれないから、培養が難しいと結論づける人も多い。
しかし、結論を急ぐのは、早計である。
こどもの教育は時間がかかるが、それなりの処置をほどこしてやれぱ、りっぱに立ち直る。
そのこどもの欠点ばかりを見つめていては、よい方向へと導くことはできない。
きちんと指導すれば、時には欠点も長所となることがある。
その実例を五葉松で紹介してみよう。
葉の少ない五葉松を、一年後には八ツ房と見違うほどの葉数にする方法である。
これは中品や小品に効果的な方法と氏は言った。
1行の重み。

お好み
TOPへ > 戻る