×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   戻る

絵日記


絵日記のこえ

ミツバチについて、一昨年から奇妙な報道があった。
主にアメリカでの出来事だが、なぜか働き蜂が巣に帰ってこない。
残されたのは女王と幼虫、結局巣は潰れてしまう。
かといって、どこかで大量の死体がまとまって見つかったわけでもない。
人によってはこれをイナイイナイ病と呼んだ。
「二〇〇七年の春までに、実に北半球のミツバチの四分の一.が失朦した」。
本書はそれがいったいどういう現象であるのか、しっかりと解説したものであるρとても興味深い、でも真剣に考えると、なんとも恐ろしい本である。
結論をまず述べておこう。
この「蜂群崩壊症候群」の原因は単一ではない。
最大の背景は工業化された農業である。
それがハチたちに強いストレスを与え、免疫抵抗性を弱め、ダニやウィルスに対する防御を弱めた。
そこに農薬の複合汚染が重なり、精密な社会生活を営むミツバチの巣全体の活動をいわぽアルツハイマー状態に陥れた。
病み疲れた働き蜂たちは、採餌に出た先で倒れ、巣には戻れず、おそらくただ死んでいった。
著者はミツバチの正常な生活からはじめて、ハチたちが農業という経済活動に組み込まれていったいきさつ、ハチにどのような病気が発見されたか、などについて、きちんと報告していく。
私はそれをほとんど「もう一つの人間社会」を見る思いで読んだ。
厳密な証明と単一の原因を要求する現代の読者は、ひょっとすると不満を感じるかもしれない。
でも生きものが関係するシステムが起こす病的な現象で、単一の原因を提示する人がいたら、むしろそのほうが信用できない弓私はあえてそういいたい。
糖尿病も統合失調症も、 「原因は一つ」ではない。
この現象はアメリカでとくに問題になった。
アメリカの農業、とくに果樹園のように授粉が必要なところでは、ミヅバチの存在郷杯可欠だったからであるoハチに蜂蜜を作らせて販売するより、求めに応じて、アメリカ全土の果樹園にハチを連れ歩 いたほうがお金になる。
だから打撃を受けたのは養蜂業だけではない。
果樹園も同じだった。
たとえばカリフォルニアのアーモンド畑の場合、アーモンドだけが植えられている。
白然の世界として考えたら、O種類の木だけが延々と植わっている光景は異様としかいいようがない。
しかも加州のアーモンド畑の総面積は三千平方キロ。
そこにはアーモンドの木以外にはなにもない。
当然虫もいるわけがない。
それなら授粉はミツバチに頼るしかない。
開花期には一箱いくらの契約で、養蜂業者がそのミツバチを連れてくる。
五葉松の葉を、いっきに一年で増やす方法とは何か?。
ただ、最初にことわっておくが、この方法を用いると、一年間は樹を飾ってみることができない。
実にあられもない、さびしい姿になってしまう。
さて、その方法であるが、たった1行で説明が終わる。
-古葉だけ残し、新葉をすべて取る」 新葉を取り去った軸と古葉だけを残す。
ただ樹は苦しい思いをする。
その苦しみをパりーにかえ、翌年に一葉数を増やすのだ。
葉にかわる頃、新葉が5本ずつにわかれる状態の時が一番いい。
5月末から6月20日までに行なうようにしたい。
ただ、あまり葉がかたまってしまうと、葉が取りにくくなるので注意が必要。
葉を取る場合、指先で新葉をねじるようにして抜く。
そして、新葉を先に述べたように全部抜く。
少し残すと、その新葉の方に力が行き、来年の芽ぷきが悪くなる。
また、抜いた後、軸に残った皮がバラバラと落ちてくるが、これは心配する必要がない。
この作業を行なうと樹は苦しむ。
だから、当然、樹勢の強い樹でなくてはいけないし、春先から肥料をたっぷ12あたえておいたほうがいいだろう。
新葉を抜いた後は、かなり樹勢が落ち、水あげも悪くなる。
水を控えめにし、陽あたりのいい置き場でいたわってあげる。
樹の水あげがよくなったら、肥料をあたえても良し。
あなたの棚の上で、葉がもうひとつ増えないと片隅に追いやられている五葉松があるなら、古葉だけ残し新葉を抜く方法を試してみては……。
中品、小品、そして老朽化した五葉松を若返らせる方法としても効果的だ。

お好み
TOPへ > 戻る